2017年9月24日日曜日

患者負担を減らす人工臓器の開発

人工心臓、小型化で向上「生活の質」 研究、透析にも光
朝日新聞DIGITALより

■科学の扉

弱った心臓の働きを助ける補助人工心臓が小型化し、多くの患者に使われるようになってきた。退院して社会復帰できる例も増え、利用期間も長くなっている。膵臓(すいぞう)や腎臓でも患者の負担を減らす人工臓器の研究が進む。
補助人工心臓の役割
■実用化半世紀の道 4割が社会復帰の例も

重い心不全などで弱った心臓の働きを助け、血液を体内で循環させる補助人工心臓。心機能の回復や、移植を待っている間に欠かせない装置だ。

関東地方に住む男性は2年前、拡張型心筋症と診断されてから、血液を送り出す小型ポンプを体内に植え込む人工心臓を使っている。自宅で生活できるようになり、仕事にも復帰。A5サイズのコントローラーにバッテリーをつけ、カバンに入れて介助者と外出もできる。周りの人や物に、体内とつながるケーブルが当たらないよう注意が必要だ。
体外設置型 補助人工心臓
1960年代に開発され始めた初期の補助人工心臓は体外設置型で、「拍動流型」という体外のポンプを空気圧で拍動させて血液を送り出す仕組みだった。空気を送る駆動装置は大型で、消費電力も多いため、装着は入院が原則だった。

2000年ごろから、小型のポンプを体内に植え込むタイプが相次いで登場。米国では現在、年に約3千人が手術を受けている。日本では2011年以降、四つの機種が保険適用され、これまでに約700例の実績がある。16年からは、心臓移植を受けずに植え込み型補助人工心臓をつけて過ごす長期在宅治療の治験も始まった。
植え込み型 補助人工心臓
東京女子医大では、植え込み型をつけた患者の4割が、社会復帰したり復学したりしたという。立石実助教は「植え込み型の登場で、患者さんのQOL(生活の質)は格段に上がった」と話す。

■ポンプの小型化、植え込みを可能に 課題は感染症のリスク

2017年9月23日土曜日

ぷぅちゃん秋の散歩道2017 彡▼´ー`▼カゼガココチヨイ

今日は秋分の日
北海道はすっかり秋の気配

目の前の大雪山系の山の上は、
こんな感じらしい
この後を追いかけるように雪が降るんだよね(汗)

平地では、日中で辛うじて20℃超え
未明には一桁台と
寒さが肌身に感じるようになってきた
ブルッ[{(>_<;)}]サムッ

それでも紅葉は始まったばかり
ブログ「ピアノ教室の風景」さんより引用
実りは進んでいるようで、
大雪山の麓の米処は、辺り一面すっかり黄金色(笑)
画像奥が大雪山系
稲刈も始まった...いよいよ新米の季節だね 
ψ( ̄Д; ̄)ゴハンガウマイ
こちらも奥が大雪山系
ついでにライスセンターも見学

2017年9月20日水曜日

忘れてたぁ ヤバイヨ(゚Д゚;≡;゚Д゚)ヤバイヨ

認定資格の更新って、5年毎ってのがテッパン?

昨年、血液浄化専門臨床工学技士を更新して
一安心... (ヾ; ̄ω ̄)ヾヤレヤレ

...と思いきや、今春くらいに、
透析技術認定士の更新案内が来とった
(=△=;)ゲッ
認定資格をいくつも抱え込むと、
更新手続きが大変(汗)

ま、9月下旬までだから、まだ猶予あるな...

...と、この時点(春)では、
余裕ぶっこいていたんだけど、
つい先日まで忘れてて、
偶然にもこのハガキが目についたおかげで思い出し、
期限ギリギリになって、慌てた次第(汗)