2018年1月13日土曜日

謝れない奴は最も使えない奴(怒)

思わず許す!上手な謝り方と謝罪の言葉
AllAboutより

適切な謝り方を知っていますか?

気をつけていたのにミスをしてしまった。悪気はないのに相手を不快にしてしまった。みなさんにもそんな経験はありませんか? プライベートでもビジネスでも「謝らなくてはならない場面」は誰にでもやってきます。
謝り方によって結果は大きく変わる
ところが、謝り方については勘に頼るのみで、特に備えをしている人は少ないのではないでしょうか。謝っても許してもらえないということのないよう、この機会に謝罪と感情のメカニズムを学んでおきましょう。やってしまいがちな謝罪の仕方、関係修復ができるような謝り方を知っていると、ピンチの時に役立ちます。

謝られると、こう感じる

相手から適切に反省の気持ちが伝えられた場合、相手には次のような変化が起きます。
  • 怒りや憎しみの軽減
  • 悲しみ、驚きといったショックの緩和
  • 改善してもらえるという期待
このような感情の変化が起こると、「怒っている」「悲しんでいる」という状態から、「許す」という状態に移行しやすくなります。

ところが、伝え方を間違ってしまうと、謝っているのに「心から悪いとは思っていない」「言い訳ばかりしている」などと捉えられてしまい、さらに怒らせてしまうこともあります。どうして感情がこじれてしまうのか、具体例を見ながら考えてみましょう。

2018年1月5日金曜日

IPS腎がいよいよできる!?

いよいよできるかも!?シリーズ(笑)

腎再生
初の臨床研究 患者のiPS使用、年内開始
毎日新聞より

慢性腎不全の患者のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って、体内で腎臓を再生し、機能を回復させる世界初の臨床研究を、東京慈恵会医大などのチームが年内にも始める。慢性腎不全は、数カ月から数十年かけて腎機能が徐々に低下し、やがて人工透析に至る病気で、世界的に患者が増えている。チームは海外での臨床研究を目指す。

ヒトでの腎再生の臨床研究を試みるのは、慈恵医大や明治大、医療ベンチャー企業「バイオス」のチーム。計画では、慢性腎不全患者本人のiPS細胞から腎臓のもととなる前駆細胞を作製。遺伝子改変したブタの胎児が持つ腎臓の「芽」に注入し、患者の体内に移植する。

その後、患者に薬を投与して芽に元々含まれていたブタの前駆細胞を死滅させると、数週間で患者の細胞由来の腎臓が再生するという。患者の細胞だけで腎臓を作るため、臓器移植と違って免疫抑制剤が不要になることも期待される。
チームは、腎臓病患者から作製したiPS細胞から腎臓の前駆細胞を作ることにすでに成功しており、マウス胎児の腎臓の芽にラットの前駆細胞を注入し、ラットの体内に移植することで腎臓を再生させる技術も確立している。再生させた腎臓に尿管をつなぎ、尿を体外に排出することにも成功している。

チームは、ブタからヒトへの移植や、再生医療が法律などで認められている海外の医療機関で、年内の臨床研究の手続き開始を検討している。さらに、日本での実施に向けて、ヒトと遺伝的に近いサルでも研究を進める方針だ。

チームを率いる横尾隆・慈恵医大主任教授(腎臓・高血圧内科)は「安全性と有効性を慎重に確かめつつ、人工透析の回数を減らすなど患者負担を軽減できるよう日本での実用化を目指したい」と話している。

2018年1月1日月曜日

新年おめでとうございます オツカレサン▼^o^▼ゞ ミ(・◇・)彡

歳をくうごとに、1年が短く感じる 
r(-_-、サイキンコシガ...

2017年も、あっという間だったけど、
いろんなことを熟したな...(汗)
(~-∀-)~フ-ラフラ

まず、お仕事では、
開業より2年が経過した当院の、
透析装置達のメンテナンスイヤー!?
https://oompa-de-loompa.blogspot.jp/2017/09/blog-post_7.html
年末にかけてメーカー推奨の
部品交換時間(8,000時間)に達したため、
全台終わらせるのに、越年決定!?
(›´ω`‹ ) ゲッソリ

若い連中は、手伝いますか?とか、教えてください!もなく、
定時で帰るので、やらせてやらないことにした(怒)
┐(-、-)┌ダメダコリャ

...なので、
年寄り二人で交代交代で1日1台ずつ熟すという効率の悪さ(汗)
r(-_-、トシヨリニムチトハムゴイ...

頭の悪い奴は怒ればなんとかなるけど、
端っからやる気のない輩には、怒っても無駄...