2017年10月17日火曜日

「総」選挙に行こう!2017秋

連盟メルマガでも告知してたけど、
次の日曜日(10/22)は、
衆議院議員総選挙の投票日
(期日前投票は前日(10/21)まで)
  •  HTMLメルマガが文字化けなどで見れなかったぞ!という方、お手数ですがご一報下さい。代わりにテキストメールを再送信いたします(汗)
前回の参院選では、
広瀬 すずちゃんがPRを務めたよな
今回の衆院選はこの娘...
川栄 李奈さん...誰?
?(`┏_┓')オジサンニハワカラン?

な~んだ!?織ちゃんかぁ(笑)
投票の啓発ムービーにも出演
「告知編」

2017年10月6日金曜日

電波管理を担う

医療機器の通信電波リスク、総務省が対策教材 来春公開
日刊工業新聞より

総務省は病院での医療機器トラブルを抑制するため、無線LANなど電波を発する通信機器のリスクと対策を示した医療従事者向けeラーニング教材をまとめる。2018年4月にインターネットで無償公開する。院内の電波干渉による機器トラブルは、重大な医療事故につながる危険性もあり、総務省は啓発活動や影響調査を進めている。対策の指針となる教材作成で、各病院の電波管理体制を整備する。
総務省はインターネットを通じて学習できるeラーニング教材を作成。同省ホームページ上で公開する。

教材は同省や有識者、業界団体、関係省庁で構成する「電波環境協議会」が16年に発行した、医療機関での電波利用についてまとめた冊子を基に構築する。医師や看護師などのすべての医療従事者が学習できる基礎と、医療機器の専門知識を持つ臨床工学士などに向けた応用編に大別する。

基礎編では、無線LANやスマートフォンなどの電波干渉による医療機器トラブルの事例と、対応策が学習できる。一方、応用編は同事例紹介に加え、電波干渉が起こる要因などを細かく解説する。

電子カルテや医療系システムの無線化を背景に、電波干渉による医療機器トラブルが増加しており、約70%は無線LANが一因となっている。だが病院では電波環境管理などの専門知識を持つ人材が不足し、体制整備されていないのが実情だ。

すでに総務省は全国11カ所で地域協議会を発足している。情報発信や議論を行うほか、病院約20カ所で先行的に電波環境の改善を実践して、成果を17年度中にも公表する計画。医療機器トラブルの減少と管理体制の整備を支援する。

臨床工学技士向けは"応用編"とな!?

医療機器の電波管理に関しては、
他の医療従事者と一線を画し、
より高度な対応が求められているということだよね?

臨床工学技士が認められているようで、
なんだか嬉しい(笑)
...反面、責任は重大(汗)

記事中にある
電波環境協議会が発行した冊子」ってのはこちら
http://www.emcc-info.net/info/info280404.html

今のうちからしっかり目を通しておいて、
来春公開のeラーニングに臨むとしよう!

2017年10月2日月曜日

研究会シーズンは飲み会シーズン!?

昨日、札幌にて「北海道透析談話会」が開催
うちの院長が一般演題の座長で、
そのセッションで、部下くんが発表することに...
これはスタッフ一同、応援(?)に行かねばならんな(笑)

皆で前日より札幌入りする気合の入れよう!?
それぞれ前夜祭とばかりに、
夜の札幌を堪能しておった!?

当然、オレも(笑)

ちょうど札幌では、こんなイベントが開催中
しかも、宿泊ホテルの目の前!?
美味しい生ビールが、オレを呼んでいる(爆)

最終日と言うことで、すごい人(汗)
それにも負げず、
お日様の高いうちから、まずは一杯(一軒目)
凵ヽ(^∀^*)イエイ
小腹が空いてきたんだけど、
出店の数が多すぎて、どれを食べてよいのやら...