2017年12月8日金曜日

今日の中医協:叩かれる予感の透析医療(汗)

今年10月頃にこんな↓報道が飛び込んできて、
透析の医療従事者達は戦々恐々としたのでは?(汗)

過剰な透析、報酬引き下げ 厚労省、18年度改定で

掻い摘んで説明すると...

民間議員などという、正体不明の連中が、
「一部の透析施設が過剰な治療で利益を上げている」
等と騒ぎ立てたおかげで、
政府がそれに応じて、
透析の診療報酬の適正化に乗り出すことになった

...ってこと(苦笑)

...で、来春の診療報酬改定で
激論交わされている中央社会保険医療協議会(中医協)にて、
いよいよ透析の話題が登場!?
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000187304.pdf

【課題】
<透析医療の現状>
  • 透析患者は年々増加している。
  • 腎代替療法に至らないよう、重症化予防や生活習慣の改善を促す取組みを進める必要がある。
  • 日本は諸外国と比較して、腎代替療法に占める血液透析の割合が高い一方で、腹膜透析や腎移植の割合が少ない。
  • 腹膜透析は血液透析と比較して、生活の制約や食事・飲水の制限が少ない。

<透析医療に係る診療報酬上の評価>
  • これまで、医療技術の進歩を踏まえ、透析医療にかかる診療報酬についても累次の改定で対応してきた。
  • 同時に、ダイアライザー(透析膜)の市場実勢価格に基づく保険償還価格の見直しや、透析の際に使用する薬剤(エリスロポエチン)の包括化を行うなど、適正化を実施してき。
  • 透析に係る診療報酬は、施設の規模等によらず一定の評価である一方で、施設によって規模等はさまざまである。
  • 処置にかかる診療報酬が包括されている入院料においては、人工腎臓(血液透析)は包括外である一方で、腹膜灌流(腹膜透析)は包括であり、取扱いが異なっている。
  • 血行動態の不安定な患者等、長時間の血液透析を要する場合があるが、5時間以上の血液透析は、診療報酬において一律に評価されている。

一見、腹膜透析推しで、
施設規模や長時間透析を気にしてくれてるのかな?
という印象だが...

【論点(案)】

2017年12月2日土曜日

チョット災害医療について宣伝

JHAT(日本災害時透析医療協働支援チーム)では、
第2回 隊員養成研修会への参加者を募集中

開催日時は、2018年02月17日~18日の2日間 
前回は7月だったから、半年に1回開催するのかな?

前回の研修に参加した際の記事はコチラ

場所は前回と同じ、東京工科大学の蒲田キャンパス

アフターの飲み歩きには最高でっせ(笑)

隊員研修以前に、
JHATとはなんぞや?という方のために、
非常にわかりやすい広報誌が公開されとった(笑)
https://jhat.jp/pdf/jhat_kouhou_manga.pdf
是非、ご一読くださいませ(笑)

それと、アンテナサイト「臨床工学技士のアンテナ」でも
災害医療」ページを作ってみたので、
たまに覗いてみてくださいねぇ(笑)

2017年11月30日木曜日

滅多にないチャンスをモノにできるか!? (๑•﹏•)イツヤルノ? ლ(ಠ_ಠ ლ)イマデショ!

長文だけど、最後まで読んでいただけると嬉しいです(笑)

いきなりだけど、
「医療」と「サイバーセキュリティ」というワードで、
まず思いつくことと言ったら?
電子カルテなど医療情報システムからの、
個人情報の流出(紛失)?
  • 患者情報の入ったUSBメモリやノートPCを紛失したとか...
  • ネットワークセキュリティが甘かったため侵入され情報を盗まれたとか...
  • 手作りのサーバーで情報管理していたら、故障でデータが消失したとか...

...ま、もちろん個人情報の管理って大事なんだけど、
医療施設で、これ↑の管理って誰がやってる?

大方、パソコンやネットワークに詳しい事務部門の方?
中には"診療情報管理士"か"医療情報技師"のような、
"医療情報"を扱う"認定資格"保有者を担当にしているのでは?

しかし、医療施設のサイバーセキュリティって、
なにも"医療情報(データ)管理"のことだけじゃなく、
近年は、もっと重要で、重大な事項が懸念されている

最近、医療機器のIoT化とか、
遠隔診療が何かと話題になってるよね

遠隔診療に関しては、政権与党(安倍ちゃん)の肝入りで、
来春の診療報酬改定で、手厚く評価される見通しなので、
一気に広まるものと思われる

でも、これ(遠隔診療やIoT)でできることって、
"医療(個人)情報"のやり取りだけじゃないよね...